電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-22 11:15
無線メッシュ網における非対称経路制御手法の性能評価
坪内宏司九工大)・溝口栄一NEC通信システム)・池永全志福田 豊尾家祐二九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在IEEE 802.11 規格に準拠する無線LAN(Local Area Network)機器を用いて構築した無線メッシュ網(Wireless Mesh Network,WMN)において,ノードが複数のチャネルと複数のインタフェースを利用して,転送先のノードに合わせて動的にチャネルを切り替えながら通信する方式(Dynamic Channel Switching System,DCSS)が提案されている.しかし,DCSS を利用したWMN において往路と復路が同じ経路を使用すると,中継ノードにおける送信チャネルの切り替えが頻繁に発生し,通信性能が著しく劣化してしまう.そこで本稿では,DCSS を用いた際に生じるチャネルの切り替え遅延による通信性能の低下を解決する方法として,往路と復路で同一の経路を使用せず,同一ノードを経由しないノード非対称な経路を用いる経路制御手法を提案する.提案する経路制御手法をシミュレーションにより性能評価し,WMN で用いられる既存の経路制御手法と比較して高い通信性能を得られることを示す. 
(英) Dynamic Channel Switching System (DCSS) has been proposed as a solution to improve the capacity of Wireless Mesh Networks (WMNs) which is based on the existing IEEE 802.11 standard. In the DCSS, each node uses multiple channels and interfaces, and a channel of each node is tuned to the neighbor’s channel when data is sent out. However, in the WMN with DCSS, outward and return path routed by existing routing algorithms is generally same route, thus, intermediate nodes have to switch their channel of an interface frequently and it will cause significant degradation in their throughput. Therefore, our objective in this paper is to provide the disjoint path routing in order to both prevent the frequent interface switching and improve the throughput performance in the WMN. Simulations revealed that the proposed routing scheme can attain excellent performance compared with the existing routing scheme.
キーワード (和) IEEE 802.11 / 無線メッシュ網 / 経路制御 / 複数チャネル / 非対称経路 / / /  
(英) IEEE 802.11 / wireless mesh network / routing / multiple channels / disjoint paths / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 98, IN2007-19, pp. 49-54, 2007年6月.
資料番号 IN2007-19 
発行日 2007-06-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2007-06-21 - 2007-06-22 
開催地(和) はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) NGN,VoIP,コンテンツ配信,IPv6,次世代ネットワークおよび一般 
テーマ(英) NGN, VoIP, Contents Delivery Network, IPv6, Next Generation Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2007-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線メッシュ網における非対称経路制御手法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of disjoint path routing in wireless mesh networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(2)(和/英) 無線メッシュ網 / wireless mesh network  
キーワード(3)(和/英) 経路制御 / routing  
キーワード(4)(和/英) 複数チャネル / multiple channels  
キーワード(5)(和/英) 非対称経路 / disjoint paths  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 宏司 / Koji Tsubouchi / ツボウチ コウジ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT1)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 溝口 栄一 / Eiichi Mizoguchi / ミゾグチ エイイチ
第2著者 所属(和/英) 日本電気通信システム (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems, Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学大学院 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT1)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT2)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT2)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-22 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-19 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.98 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2007-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会