電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-25 15:20
転送ルータ発見手法を用いた移動端末のIPマルチキャスト通信に関する検討
荒崎健一郎高橋健志早大)・淺谷耕一工学院大)・富永英義早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モバイルIPネットワークにおけるマルチキャスト通信端末のモビリティを提供する為に,IETFにおいてMIP-BTとMIP-RSの2方式が提案されている.MIP-BTでは双方向トンネルを構築する事によりモビリティを提供するが,マルチキャストツリーの再構築を行わなくて良い反面,冗長経路によるパケット転送遅延や帯域の過剰消費などが問題となる.一方,MIP-RSはツリー再構築によりモビリティを実現する手法だが,パケット転送の最短経路が得られる反面,マルチキャストソースのハンドオーバの際はすべての経路を再構築する必要がある事,サービスの中断や非同期問題を起こす事などが問題となる.こうした問題を解決する為に我々は,転送ルータを用いる事によりIPマルチキャスト通信における受信端末とソース端末のモビリティを保障する為の手法を提案する. 
(英) To support multicast over Mobile IP networks, the IETF proposed two schemes, namely MIP-BT and MIP-RS.MIP-BT provides mobility by establishing bi-directional tunnel.Although it does not require multicast tree reconstruction, it suffers from redundant routing that causes packet delivery delay and network bandwidth consumption.On the other hand, MIP-RS provides mobility by reconstructing multicast tree when mobile node enters a foreign network.Although MIP-RS provides shortest multicast routing path, it requires the reconstruction of entire multicast tree in case of source mobility and causes service disruption and out-of-synch problem during the process of handover.To cope with these problems, this paper introduces a routing-aware handover scheme for IP multicasting in cases of receiver mobility and source mobility respectively.Our proposed scheme provides the shortest multicast routing path without out-of-synch problem and also minimizes the bandwidth consumption in case of receiver mobility.
キーワード (和) マルチキャスト / モバイルIP / ハンドオーバ / モビリティ / Mobile IP / / /  
(英) Multicast / Mobile IP / Handover / Mobility / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, 2007年1月.
資料番号  
発行日 2007-01-18 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) 広島市まちづくり市民交流プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) 4Gに向けたモバイルマルチメディア,モバイル通信品質,モバイルコンテンツマネジメント,モバイルセキュリティ 
テーマ(英) Mobile Multimedia for 4G, Mobile Communication Quality, Mobile Content Management, Mobile Security 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2007-01-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 転送ルータ発見手法を用いた移動端末のIPマルチキャスト通信に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Routing-Aware Handover for IP Multicasting based on Forwarding Router Discovery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチキャスト / Multicast  
キーワード(2)(和/英) モバイルIP / Mobile IP  
キーワード(3)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(4)(和/英) モビリティ / Mobility  
キーワード(5)(和/英) Mobile IP /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒崎 健一郎 / Kenichiro Arasaki / アラサキ ケンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 健志 / Takeshi Takahashi / タカハシ タケシ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺谷 耕一 / Koichi Asatani / アサタニ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 英義 / Hideyoshi Tominaga / トミナガ ヒデヨシ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-25 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2006-68 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.498 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2007-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会