電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-19 15:15
アレー自由度を超える到来波数に対する到来方向推定法
伊東直樹廣田明道新井宏之横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線通信の通信品質の向上のために,市街地などにおいて電波受信状況が劣化している場所の改善を図る必要があるため,アレーアンテナを用いた到来方向推定に対する要求が高まっている.しかし,従来の到来方向推定法では,アレー自由度を上回る波数の電波がアレーアンテナに到来したとき,到来方向推定を行うことができないという問題点がある.本報告では,自由度を超える到来波数が到来する場合において,最大の強度を有する到来波の到来方向推定を行うことを目的として,相関行列の第一固有ベクトルから相関行列を再計算する手法を提案し,シミュレーションと実験により検討を行っている. 
(英) The estimating of direction of arrival using array antennas is required to improve the propagation environment of mobile communication systems. On the other hand, the direction of arrival method cannot presume the environment for the number of wave exceeding the degree of freedom of the array antenna by conventional methods. This report proposes the technique to find a single incoming wave with the maximum field strength under the number of wave exceeding degree of freedom by calculating the correlation matrix from the first eigenvector in DOA estimation. The performance of the proposed technique is evaluated by simulation and experiment.
キーワード (和) DOA推定 / アレーアンテナ / アレー自由度 / 固有ベクトル / / / /  
(英) DOA estimation / Array antenna / Degree of freedom / Eigenvector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 40, AP2006-29, pp. 111-115, 2006年5月.
資料番号 AP2006-29 
発行日 2006-05-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アレー自由度を超える到来波数に対する到来方向推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Direction of Arrival Estimation for Number of Arrival Waves Exceeding Degree of Freedom 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DOA推定 / DOA estimation  
キーワード(2)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(3)(和/英) アレー自由度 / Degree of freedom  
キーワード(4)(和/英) 固有ベクトル / Eigenvector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 直樹 / Naoki Ito / イトウ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 明道 / Akimichi Hirota / ヒロタ アキミチ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 宏之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-19 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2006-29 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.111-115 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会