電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-19 13:50
プレフィルタリングによるアンテナの群遅延歪み補償
趙 海燕藤元美俊堀 俊和福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高速無線通信で扱う信号は広帯域であるため,アンテナ利得の周波数特性および群遅延特性によって時間領域での信号波形に歪みが生じる.筆者らは,これまでに利得の周波数特性による波形歪みについて検討してきた.本報告では,アンテナから信号を送信する前に,アンテナの群遅延特性を考慮して入力信号を整形することで,群遅延特性による波形歪みを補償するシステムを提案する.計算機シミュレーションを通して,提案システムによるアンテナからの出力信号波形歪みの補償効果を示す. 
(英) High speed wireless communication system attracts much attention in recent years. An antenna which has wideband characteristics is required for the system because very wide frequency band is utilized in the high speed communication system. However, it is difficult to obtain the antenna which has uniform characteristics in broad frequency band. Thus, the communication quality tends to become worse because of distortion of the gain characteristics in frequency and the group delay characteristics of the antenna.
To compensate the gain characteristics of the antenna, a pre-filtering has been proposed by the authors [1]. In this paper, the compensation method for the distortion due to the group delay is proposed, and the numerical results show that the proposed method composed of the transversal filter is effective.
キーワード (和) 高速無線通信 / 群遅延歪み / 位相特性 / トランスバーサルフィルタ / / / /  
(英) High speed communication / Group delay distortion / Phase characteristics / Transversal filter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 40, AP2006-26, pp. 97-100, 2006年5月.
資料番号 AP2006-26 
発行日 2006-05-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プレフィルタリングによるアンテナの群遅延歪み補償 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Compensation of Group Delay Distortion of Antenna by Pre-filtering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高速無線通信 / High speed communication  
キーワード(2)(和/英) 群遅延歪み / Group delay distortion  
キーワード(3)(和/英) 位相特性 / Phase characteristics  
キーワード(4)(和/英) トランスバーサルフィルタ / Transversal filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 海燕 / Haiyan Zhao / チョウ カイエン
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモ トミトシ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-19 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2006-26 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.97-100 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会