電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-19 16:05
マルチユーザMIMO環境下でのヌル点制御による送受信ウェイト決定法
道畑泰平伊藤直人新井宏之横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 送受信双方に複数のアンテナを用いて通信を行うMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)技術が周波数帯域幅を拡大することなく伝送容量を拡大できるため,大きな注目を集めている.ただし,MIMO技術では端末局のアンテナ数がアクセスポイントのアンテナ数よりも少なくなると,大きな伝送容量は見込めない.このような場合でも高い伝送容量を実現するため,近年マルチユーザMIMO(Multi-user MIMO)技術が検討されている.従来手法としてLinear Processing法とZero-Forcing基準のヌル制御送信法が知られている.しかし,両手法においてレイトレース法を用いて空間相関と固有値による詳細な考察を行った検討は少ない.本稿では,マルチユーザMIMO環境下において,レイトレース伝搬解析法を用いた屋内環境シミュレーションにより,両手法のBER,チャネル容量を場所依存性と場所率で比較検討し,空間相関と固有値による考察を行った. 
(英) MIMO(Multiple-Input Multiple-Output) transmission technologies are expected to increase the system capacity within the same frepuency bandwidth with multiple antennas at both transmitter and receiver in wireless communications systems.When the number of user antenna is less than the antenna number of access points in the MIMO technology, high transmission capacity cannot be expected.Then, multi-user MIMO(Multi-user MIMO) technology is researched to achieve high transmission capacity in recent years.The null control method of the Zero-
Forcing standard and the Linear Processing known as conventional methods have not been examined in study of the space correlation and the eigenvalue under real propagation environment.This report presents compare for both methods under multiuser MIMO environment by the indoor environmental simulation using the ray-tracing technique.
キーワード (和) マルチユーザMIMO / レイトレース法 / 場所依存性 / 固有値 / / / /  
(英) multi-user MIMO / ray-tracing / place dependency / eigenvalue / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 40, AP2006-31, pp. 121-126, 2006年5月.
資料番号 AP2006-31 
発行日 2006-05-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザMIMO環境下でのヌル点制御による送受信ウェイト決定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Weight Control for Null Forming Method under Multi-user MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザMIMO / multi-user MIMO  
キーワード(2)(和/英) レイトレース法 / ray-tracing  
キーワード(3)(和/英) 場所依存性 / place dependency  
キーワード(4)(和/英) 固有値 / eigenvalue  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 道畑 泰平 / Taihei Michihata / ミチハタ タイヘイ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 直人 / Naoto Ito / イトウ ナオト
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 宏之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-19 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2006-31 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会