電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-19 11:15
広帯域定利得特性を有する自立型ダイポールアンテナの入力インピーダンス近似表現
西澤一史山本直幸田中美雪宮下裕章牧野 滋三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者等は先に,大地から離れた位置に設置可能で通信波等の測角用に適し,同軸線路給電構造を有する自立型のダイポールアンテナを取り上げ,その入力インピーダンス特性解析方法や定利得特性を有すること等を報告した.本アンテナの整合を行う上で,給電部での動作原理を明らかにする必要があり,本稿では,給電部における入力インピーダンス簡易表現を近似的に導いている.得られた簡易表現では,入力インピーダンスをインダクタンスLとキャパシタンスCとの等価回路で現せ,先に報告した給電部の構造パラメータの入力インピーダンス依存性に対応することを示している. 
(英) In the previous report, a self-supported dipole antenna fed by a coaxial line, which this antenna is located over the ground, is taken up for the direction-of-arrival (DOA) estimation use and then a new analysis of the input impedance and its constant gain characteristic over a wide-band had been indicated. To do an impedance matching of the dipole, the operation mechanism of its feed section should become clear. In this report, the simple representation of the input impedance is reduced from approximations. The impedance approximation is represented as a parallel circuit consists of an inductance L and a capacitance C. This representation is, moreover, verified by comparing with the previous numerical analysis and is a good indication of the relationship between the geometrical parameters, that is, the radius of the dipole and the feed gap, and the input impedance.
キーワード (和) ダイポールアンテナ / 入力インピーダンス / 近似式 / 広帯域 / 定利得 / ラジアルライン / /  
(英) Dipole Antenna / Input Impedance / Approximation / Wide-band / Constant Gain / Radial Line / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 40, AP2006-22, pp. 77-82, 2006年5月.
資料番号 AP2006-22 
発行日 2006-05-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域定利得特性を有する自立型ダイポールアンテナの入力インピーダンス近似表現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Input Impedance Approximations of Self-Supported Dipole Antennas With a Constant Gain Over Wide-Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイポールアンテナ / Dipole Antenna  
キーワード(2)(和/英) 入力インピーダンス / Input Impedance  
キーワード(3)(和/英) 近似式 / Approximation  
キーワード(4)(和/英) 広帯域 / Wide-band  
キーワード(5)(和/英) 定利得 / Constant Gain  
キーワード(6)(和/英) ラジアルライン / Radial Line  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西澤 一史 / Kazushi Nishizawa / ニシザワ カズシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 直幸 / Naoyuki Yamamoto / ヤマモト ナオユキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 美雪 / Miyuki Tanaka / タナカ ミユキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 裕章 / Hiroaki Miyashita / ミヤシタ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 滋 / Shigeru Makino / マキノ シゲル
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-19 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2006-22 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会