電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-19 10:25
インピーダンス行列が不連続点を有する散乱問題におけるウェーブレットベースモーメント法の適用
千葉英利稲沢良夫米田尚史牧野 滋三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 積分方程式を離散化して連立方程式に帰着し,その連立方程式を解く事で物理量を推定する手法として電磁界解析ではモーメント法が良く知られる手法である.しかし一般に積分方程式を離散化して得られるシステム行列(インピーダンス行列)は密行列であるため,連立方程式を解くのに要する演算量は膨大になる.その演算量を低減するために,ウェーブレット変換を用いてインピーダンス行列を疎行列に変換して計算の高速化を図る手法が提案されている[1]-[6].しかし,インピーダンス行列が空間領域で不連続性を有するとそのスペクトル特性は激しく振動し,結果としてインピーダンス行列をウェーブレット変換しても十分に疎行列とならない.本稿では,上述のようにインピーダンス行列が空間領域で不連続性を有する場合において,ウェーブレット変換によるインピーダンス行列の疎行列化の効果を向上させる手法を提案する. 
(英) A huge computation time is required for a method such as the method of moments (MoM) which estimates a physical quantity by descretizing an integral equation to a set of simultaneous linear equations, because its system matrix, impedance matrix in MoM, is dense in general. It has been reported that the wavelet transform can be used to make dense impedance matrix sparse for reduction of the calculation complexity [1]-[6]. However, if the impedance matrix has discontinuity in the space domain, it oscillates in the spectral domain. Consequently enough sparcification can not be realized by the wavelet transform. In this paper, a new transformation based on a wavelet transform is proposed to overcome the case where the impedance matrix becomes discontinuous in the space domain with validation of its effectiveness.


, , ,
キーワード (和) モーメント法 / ウェーブレット変換 / 散乱問題 / アダマール行列 / / / /  
(英) Method of Moments / Wavelet Transform / Scattering Problems / Hadamard Matrix / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 40, AP2006-20, pp. 65-70, 2006年5月.
資料番号 AP2006-20 
発行日 2006-05-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インピーダンス行列が不連続点を有する散乱問題におけるウェーブレットベースモーメント法の適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Application of Wavelet-based Method of Moments to Scattering Problems with Discontinuous Impedance Matrix 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モーメント法 / Method of Moments  
キーワード(2)(和/英) ウェーブレット変換 / Wavelet Transform  
キーワード(3)(和/英) 散乱問題 / Scattering Problems  
キーワード(4)(和/英) アダマール行列 / Hadamard Matrix  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 英利 / Hidetoshi Chiba / チバ ヒデトシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲沢 良夫 / Yoshio Inasawa / イナサワ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 尚史 / Naofumi Yoneda / ヨネダ ナオフミ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 滋 / Shigeru Makino / マキノ シゲル
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-19 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2006-20 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会