電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-18 11:40
擬似誤りに基づくビット誤り率の推定法
岩井誠人渡邊貴志高井信人笹岡秀一同志社大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ディジタル伝送路のビット誤り率を推定する手法の一つである擬似誤りを用いた推定法について、特に伝搬路状況に応じて適応制御を行う適応無線通信方式への適用を想定した特性評価の結果を示す。信号強度を用いた回線品質推定手法など他方式と推定特性を比較し、移動通信環境への適用性について考察する。また、適応制御への適用の一例として、移動通信環境のOFDM適応変調の制御に用いた例を示す。 
(英) Pseudo error monitoring is an error rate detection scheme of digital transmission path to assess the link quality. In the paper, evaluation results on the detection performance of the scheme are presented assuming the application of the scheme as a link quality estimation method of the adaptive control systems in mobile communication channels. By comparing the performance with other link quality estimation methods such as SNR detection, the effectiveness of the method for adaptive control systems is studied. Some results on the performance analysis of OFDM adaptive modulation system using the pseudo error detection are also presented to show the performance of the estimation scheme when used in actual transmission systems.
キーワード (和) 擬似誤り / 回線品質推定法 / ビット誤り率 / 適応制御 / 無線通信 / / /  
(英) Pseudo error / Link quality estimation / Bit error rate / Adaptive control / Wireless communications / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 40, AP2006-15, pp. 35-40, 2006年5月.
資料番号 AP2006-15 
発行日 2006-05-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 擬似誤りに基づくビット誤り率の推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Analysis on Error Rate Detection by Pseudo Error Monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 擬似誤り / Pseudo error  
キーワード(2)(和/英) 回線品質推定法 / Link quality estimation  
キーワード(3)(和/英) ビット誤り率 / Bit error rate  
キーワード(4)(和/英) 適応制御 / Adaptive control  
キーワード(5)(和/英) 無線通信 / Wireless communications  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 貴志 / Takashi Watanabe / ワタナベ タカシ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 信人 / Makoto Takai / タカイ マコト
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 秀一 / Hideichi Sasaoka / ササオカ ヒデイチ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-18 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2006-15 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会