電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-18 10:15
電波伝搬における丘陵の効果
深澤圭太岡 栄一川口順也明大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 差分ビーム伝搬法を用いた数値解析により,丘陵地形が電波伝搬に及ぼす影響について考察する.丘陵は伝搬方向と横方向に厚みを持つ両方向にガウス関数形であるものとし,平面大地近似を用いて不均一大気モデルに変換してシミュレーションを行った.ビームに高さ方向に不均一な円筒波を想定し,円筒座標系を用いた. 
(英) In this report, we simulate the effect of Mountainous Terrain on Radio Propagation by the numerical analysis with finite differential beam propagation method. We consider the mountainous terrain have a gradual shape expressed Gaussian function with two dimensional width, and we simulated this model with inhomogeneous radio atmosphere converted by earth flattening. To express cylindrical wave with inhomogeneous amplitude profile in the height direction, we adopt the cylindrical coordinate.
キーワード (和) 差分ビーム伝搬法 / 平面大地近似 / / / / / /  
(英) Finite Differential Beam Propagation Method / Earth Flattening / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 40, AP2006-12, pp. 17-22, 2006年5月.
資料番号 AP2006-12 
発行日 2006-05-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波伝搬における丘陵の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Mountainous Terrain on Radio Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差分ビーム伝搬法 / Finite Differential Beam Propagation Method  
キーワード(2)(和/英) 平面大地近似 / Earth Flattening  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 深澤 圭太 / Keita Fukasawa / フカサワ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 栄一 / Eiichi Oka / オカ エイイチ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 順也 / Yoshinari Kawaguchi / カワグチ ヨシナリ
第3著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-18 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2006-12 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会