電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-18 13:55
A Novel Analysis Method on Satellite Visibility with GPS Signal Strengths
Masato TakahashiUniv. of Tokyo/NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 陸上移動体衛星通信における航行衛星信号遮蔽データの活用方法を提案する。本手法を用いると、L1 C/A 1.5GHzの航行衛星信号受信機を用いるだけで、魚眼レンズ撮像に相応する遮蔽データを効率的に採取できる。本方法によって構築されたデータは近い将来の陸上移動体衛星通信社会において、重要な役割を果たすことを指摘する。 
(英) A novel scheme is proposed and demonstrated where satellite visibility viewed from running vehicle is economically and effectively evaluated with such low cost GPS receivers like equipped in automobiles. Our preliminary experiment articulated even economical L1 C/A 1.5GHz GPS receivers can create enough precise database of ground feature blockage, compared to fisheye photograph method, if only two statistical parameters we propose are adequately set. Integrating the series of our efforts on this research field, we concluded it is feasible to make an automatic database creation system by the cooperation of government and civil with low cost GPS receivers. Besides, we discussed that the database was very useful in near future's Land Vehicle Satellite Communication society.
キーワード (和) GPS / 衛星通信 / 遮蔽 / 信号強度 / / / /  
(英) GPS / satellite communications / Blockage / Signal Strength / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 39, SAT2006-2, pp. 7-10, 2006年5月.
資料番号 SAT2006-2 
発行日 2006-05-11 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Novel Analysis Method on Satellite Visibility with GPS Signal Strengths 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(2)(和/英) 衛星通信 / satellite communications  
キーワード(3)(和/英) 遮蔽 / Blockage  
キーワード(4)(和/英) 信号強度 / Signal Strength  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 正人 / Masato Takahashi / タカハシ マサト
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: Univ. of Tokyo/NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-18 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2006-2 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SAT-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会