電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-18 15:45
次世代移動体通信衛星搭載アンテナにおけるアンテナパタン変形補償法の提案と実験的検証
鈴木義規原田 聡NTT)・目黒 在JAXA)・上羽正純NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代移動体衛星通信システムを小形の衛星にて大容量化を実現するため,超軽量20m級反射鏡と超軽量100ビーム級給電部の検討を行っている.本稿では,これらの技術を組み合わせた搭載アンテナおいて,新たな課題である反射鏡面変形に伴うアンテナパタン変形について,必要最小限の追加回路で電気的に補償する方法を提案する.実システムを想定した解析,試作アンテナによる基本動作の検証を行い,提案手法の有効性を確認した. 
(英) To yield a large communication capacity in future mobile satellite communication systems, a multi-beam system must be employed onboard antenna system that consist of light weight 20-m class reflector and light weight 100-beam antenna feeder. We clarified another problem that antenna gain decrease with deformed reflector surface in orbit is not negligible. This paper presents a deformed antenna patterns compensation method using minimum circuits. Validities of the proposed method are confirmed by antenna pattern calculations and experiments of a fabricated phased array fed reflector antenna.
キーワード (和) マルチビームアンテナ / フェーズドアレー / アンテナパタン変形補償 / 衛星搭載機器 / / / /  
(英) Multi-beam antenna / Phased array / Antenna patterns compensation / Transponder / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 39, SAT2006-6, pp. 29-32, 2006年5月.
資料番号 SAT2006-6 
発行日 2006-05-11 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代移動体通信衛星搭載アンテナにおけるアンテナパタン変形補償法の提案と実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental verification of distorted antenna patterns compensation method for next generation mobile communication satellite antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチビームアンテナ / Multi-beam antenna  
キーワード(2)(和/英) フェーズドアレー / Phased array  
キーワード(3)(和/英) アンテナパタン変形補償 / Antenna patterns compensation  
キーワード(4)(和/英) 衛星搭載機器 / Transponder  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 義規 / Yoshinori Suzuki / スズキ ヨシノリ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 聡 / Satoshi Harada / ハラダ サトシ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 目黒 在 / Akira Meguro / メグロ アキラ
第3著者 所属(和/英) JAXA (略称: JAXA)
JAXA (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上羽 正純 / Masazumi Ueba / ウエバ マサズミ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-18 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2006-6 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SAT-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会