電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-18 16:20
[特別講演]超小型人工衛星搭載電波源による大気水蒸気密度観測システムの開発
西尾正則南竹 力有吉直子安田 茂鹿児島大)・坂本祐二東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では、低軌道地球周回衛星から送出される電波を用いた大気水蒸気量の空間的および時間的変動の高感度観測システムについて報告し、6.85GHzの衛星ビーコン電波を用いた観測結果をもとに観測システムの性能について評価している。相関位相の変動特性、変動幅の仰角依存性等より、本観測システムが大気水蒸気量の空間的及び時間的変動を検出できる十分な感度を有していること、またGPSを用いた場合に比べて約700倍の検出感度を持つことを確認した。以上の評価結果をもとに、より簡便かつ安価な観測システムの構築を目指し、独自の電波源を備えたナノクラス人工衛星について検討を行っている。 
(英) Outline of a newly developed atmospheric water vapor observation system using LEO satellite beacons and results of evaluation tests of the system at 6.85GHz are described. The system is a radio interferometer with small antennas of 1.4-m diameter. From the analysis of the properties of the phase fluctuations, and their temporal variations and elevation-angle dependency, we have confirmed that phase fluctuations originated from the atmospheric water vapor distributions are detected with the system and the sensitivity of the developed system is about 700 times higher than that of the GPS-based system. Taking account of the results mentioned above, we have designed a nano-size satellite having a microwave emitter fit for the system. Using the satellites, we can construct simpler and low-cost observation system.
キーワード (和) 電波伝搬 / 大気水蒸気 / 電波干渉計 / 超小型人工衛星 / ビーコン電波 / / /  
(英) Radio Propagation / Atmospheric Water Vapor / Radio Interferometer / Nano-Satellite / Beacon Wave / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 39, SAT2006-7, pp. 33-38, 2006年5月.
資料番号 SAT2006-7 
発行日 2006-05-11 (AP, SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications and Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2006-05-AP-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超小型人工衛星搭載電波源による大気水蒸気密度観測システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Atmospheric Water Vapor Observation System with Nano Satellite 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(2)(和/英) 大気水蒸気 / Atmospheric Water Vapor  
キーワード(3)(和/英) 電波干渉計 / Radio Interferometer  
キーワード(4)(和/英) 超小型人工衛星 / Nano-Satellite  
キーワード(5)(和/英) ビーコン電波 / Beacon Wave  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 正則 / Masanori Nishio / ニシオ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 南竹 力 / Chikara Minamitake / ミナミタケ チカラ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 有吉 直子 / Naoko Ariyoshi / アリヨシ ナオコ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 茂 / Shigeru Yasuda / ヤスダ シゲル
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 祐二 / Yuji Sakamoto / サカモト ユウジ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-18 16:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-AP2006-16,IEICE-SAT2006-7 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.40(AP), no.39(SAT) 
ページ範囲 pp.41-46(AP), pp.33-38(SAT) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-05-11,IEICE-SAT-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会