電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-07-16 09:20
転送ルータ動的選択手法に基づくハンドオーバ方式の検討
高橋健志富永英義早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モバイルIPv6における主要な問題の一つに、サービス時間の中断を生じるハンドオーバ遅延がある。これまで様々な方式が提案され、この遅延は劇的に削減されてきたが、ハンドオーバ時にこれらの方式で生じる冗長経路のため、ネットワーク資源の消費、シグナリング遅延、そして、パケット到着順序逆転などの問題を抱える。
本稿では、転送ルータを用いることにより、ドメイン間のハンドオーバの際に生じる冗長経路を最小化する方式を提案する。
提案方式は転送ルータを用いたハンドオーバ手法,及び転送ルータ選択手法により構成される。
評価では、パケット到着順序逆転を測定し、その観点から、提案方式の有効性を示す。 
(英) One of the main issues of Mobile IPv6 is handover latency that causes service disruption time.
Although plenty of proposals significantly reduce the service disruption time, they suffer from redundant routing that causes network resource consumption, signaling delay, and packet misordering.
In this paper, we propose a new scheme to minimize the redundant routing in handover between domains by utilizing forwarding routers.
Our proposal consists of handover scheme with forwarding router and forwarding router discovery scheme.
In evaluation, we evaluate our proposed scheme in the view of packet misordering, and finally, we clarify the efficiency of our proposed scheme.
キーワード (和) モバイル IP / ハンドオーバ / ルーティング / / / / /  
(英) Mobile IP / handover / routing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 184, NS2004-68, pp. 1-4, 2004年7月.
資料番号 NS2004-68 
発行日 2004-07-09 (RCS, NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2004-07-15 - 2004-07-16 
開催地(和) 広島国際大学 
開催地(英) Hiroshima International Univ. 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク,ネットワーク制御,無線通信,モバイルネットワーキング,Mobile IP,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2004-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 転送ルータ動的選択手法に基づくハンドオーバ方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) NS09 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイル IP / Mobile IP  
キーワード(2)(和/英) ハンドオーバ / handover  
キーワード(3)(和/英) ルーティング / routing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 健志 / Takeshi Takahashi / タカハシ タケシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda Univeristy (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 英義 / Hideyoshi Tominaga / トミナガ ?
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda Univeristy (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-07-16 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-RCS2004-104,IEICE-NS2004-68 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.186(RCS), no.184(NS) 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2004-07-09,IEICE-NS-2004-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会