電子情報通信学会  
ロゴ



<PAGE4/4>

p1  p2  p3

研究会名
取 扱 う 主 要 研 究 分 野 (情報・システムソサイエティ)
*2
MEと
バイオサイバネティックス
(MBE)
ME関連 ◎医用計測・解析・制御 ○医用機器の開発 ◎医用画像処理 ○医療情報システム ○生体補綴・人工臓器  ○再生医療工学 ○分子・細胞工学 ○リハビリ工学 ○臨床工学 ○その他の医工学に関連したもの バイオサイバネティックス関連 ◎神経・生理システムの機能計測・解析 ○感覚・中枢系における情報処理  ◎生体システムの計測・解析・モデリング・シミュレーション ◎生体信号処理 ○バイオインフォマティックス  ○フィジオーム ○バイオセンサ ○その他の生体工学に関連したもの

ライフインテリジェンスと
オフィス情報システム
(LOIS)

◎ライフログ(ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,ライフログデータ解析)  ◎オフィスモデル(業務モデル,BPR,情報共有,XML,文書構造,文書処理,ワークフロー)  ◎コミュニケーション(共同作業を支援する技術)(グループウェア,CMS,ブログ,SNS,ソーシャルWeb,仮想共有環境,仮想オフィス)  ◎データマイニング(ライフログやオフィスなどの情報抽出技術)(行動履歴,行動分析,ユーザ状況推定,顧客情報マイニング,ナレッジマネジメント, メールマイニング,レコメンド,パーソナライズ,人工知能応用) ◎システムアーキテクチャ(Webサービス,情報システムガイドライン,SOA,WebAPI,RSS,マッシュアップ,SLA)  ◎ネットワーク(クラウドコンピューティング,SaaS,センサネットワーク,ユビキタスネットワーク,VPN,P2P)  ◎セキュリティ(匿名化技術,ユーザプロファイルハンドリング,アクセス制御,コンピュータウイルス,スパム,プライバシー,著作権管理)  ◎ヒューマンインタフェース(可視化,モバイルインタフェース,リッチインタフェース,Ajax)  ◎その他オフィスアプリケーション(意思決定支援,監査手法,評価技術,リスク管理,学内情報システム, CTI,CRM,インターネット家電,IPTV,電子書籍)
画像工学
(IE)
○画像基礎(画像情報論,視覚特性,画像評価,画像符号化,色彩信号処理,走査方式) ○画像デバイス・装置・入出力・記録技術  ◎画像通信・画像応用システム(静止画通信,TV電話・会議通信,蓄積画像通信,HDTV,CATV,3D画像通信,画像情報処理システム,オーディオビジュアル)  ◎画像処理・計測(画像処理手法,文書画像処理,3D画像入出力,CG応用,画像処理装置・プロセッサ) ◎画像データベース(画像構造化・蓄積・検索・機能図形処理)  ○マルチメディア・コンピューティング(ビジュアルインタフェース, ビジュアルランゲージ,ハイパメディア,映像ハンドリング)
言語理解と
コミュニケーション
(NLC)
◎テキストマイニング,◎大規模Webテキスト(ブログ,掲示板,FAQサイト,SNSなど)からの知識獲得・活用, ○大規模言語資源(コーパス,辞書など)の構築・活用,○主観表現処理(評判,意見,感情表現処理など), ○集合知のための基盤技術(機械学習,推論など),○自然言語処理のための基盤技術(形態素解析,構文解析,係り受け解析,意味解析など), ○集合知を利用したシステム開発(情報検索,情報フィルタリング,機械翻訳,文書要約,質問応答など), ○自然言語理解のための基礎理論,○対話処理(音声対話,対話分析など)
コンピュータシステム
(CPSY)
○コンピュータハードウェア(論理回路,記憶装置,入出力装置,コンピュータ端末,スーパコンピュータなど)  ◎VLSIコンピュータ(VLSIアーキテクチャ,マイクロコンピュータ,メモリ,システムオンチップ,チップマルチプロセッサなど)  ◎コンピュータシステム(次世代コンピュータ,並列処理システム,グリッド,PCクラスタ,分散処理システム,組込みシステム, 自律システム,コンピュータ通信,運用管理,実時間処理,実世界とコンピュータシステムなど) ◎ストレージシステム  ○システムソフトウェア(オペレーティングシステム,データベース,言語プロセッサ,エディタなど)  ○アプリケーションソフトウェア(コンピュータグラフィックス,CAD,生産管理システム,シミュレーションなど)  ○マン・マシンインタフェース ○コンピュータネットワーク (ネットワークインタフェース,通信機構ソフトウェア,クラウドコンピューティングなど)
コンピュテーション
(COMP)
計算可能性の理論,計算量理論,オートマトン理論,形式言語理論,計算の変換と検証,グラフ理論,組合せ論,アルゴリズムとデータ構造, 量子計算,分子計算,並列/分散計算,知能処理基礎論,学習理論,発見科学,計算におけるランダム性,符号/暗号理論,記号計算, 計算幾何学,計算生物学,離散最適化,数理計画法,メタヒューリスティクス,複雑ネットワークの理論,ビッグデータアルゴリズム
人工知能と
知識処理
(AI)
◎知的エージェント ◎マルチエージェント ◎コミュニティウェア ◎ソーシャルネットワーク ◎知的コミュニケーション  ◎知的インタフェース ◎知識メディア ○知的学習環境 ○知能ロボット ◎Webインテリジェンス ○セマンティックWeb  ○情報フィルタリング ○データマイニング ○ナレッジマネジメント ○人工生命 ○遺伝的アルゴリズム ○ニューラルネットワーク  ○知識表現と推論 ○協調問題解決 ○知識獲得と学習  ○知識共有と再利用 ○エキスパートシステム
ソフトウェア
サイエンス
(SS)
◎ソフトウェア基礎理論 ○仕様記述と検証 ○モデル検査 ○定理自動証明 ○SAT応用 ○計算モデル ○自動合成・変換  ○並列分散処理 ○実時間処理 ◎プログラミング ○言語設計 ○言語処理系と実装技術 ○プログラム意味論 ○型検査と型推論  ○プログラム解析 ○プログラミング技法と支援環境 ◎ソフトウェア工学 ○要求分析 ○設計論 ○テスト技法 ○保守と発展  ○ソフトウェアプロセス ○ツールと開発環境 ○品質管理 ○プロジェクト管理 ○メトリクス ◎システムソフトウェア  ○組込みシステム技術 ○実時間OS ○ネットワーク技術  ○セキュリティ ○Web応用 ○メディア応用
データ工学
(DE)
◎データベース設計理論とそのツール(データベース設計論,データベース言語,問合せ言語,SQL,ユーザインタフェース,セキュリティなど)  ◎データモデル論(リレーショナルデータベース,オブジェクト指向データベース,演繹データベース,半構造データベースなど)  ◎データベースシステム構築技術(ファイルシステム・物理編成,大容量記憶システム・記憶装置, RAID(ディスクアレー),SAN,NAS,問合せ処理と最適化,システム性能評価,SSD,フラッシュメモリ,大規模データ処理基盤など)  ◎トランザクション処理(並行処理制御方式,障害回復など) ◎データベースシステムアーキテクチャ(並列・分散データベースシステム, アクティブデータベース,モバイルデータベース,マルチ(フェデレーティド)データベース,省電力データベースなど)  ◎高度データベース応用(マルチメディアデータベース,ストリームデータベース,リアルタイムデータベース,ワークフローとデータベース, データウェアハウスとOLAP,データマイニング,ビッグデータとデータベース,科学及び統計データベース,時間・空間データベース,サイバーフィジカルシステム, コンテンツ管理,ユビキタス情報システム,生物情報学,可視化情報学,芸術情報など) ◎WWW(XML,WWWとデータベース,サーチエンジン, 電子商取引,WWW応用システム,ソーシャルコンピューティング,クラウドソーシングなど)  ◎情報検索(情報検索システム,ディジタルライブラリーなど) ◎その他データ工学一般
パターン認識・
メディア理解
(PRMU)
◎パターン認識・メディア理解の基礎(認識理論,理解モデル,学習理論,特徴抽出,識別理論など)  ◎パターン認識・メディア理解の手法(セグメンテーション,パターン解析,動き解析,パターン記述,照合手法,正則化,学習機構,自己組織化,ニューラルネットなど)  ◎パターンメディアの認識・理解(文書,文字,図形,図面,地図,画像,顔,ジェスチャ,映像,音声,音響,色彩,マルチメディア,時空間パターン,地理的分布パターン,社会活動パターンなど)  ◎コンピュータビジョン(三次元復元,センサ融合,アクティブビジョンなど) ○パターンの知覚・認知(知覚モデル,認知モデルなど)  ○パターン生成(知的グラフィックス,パターン生成モデルなど) ○パターン認識の応用とシステム(産業応用,医療応用,教育応用, 図書館応用,交通応用,メディア変換,複合現実感,バーチャルリアリティ,マルチモーダルインタフェース,知能ロボット,ウェアラブルコンピュータなど)  ○パターン認識・メディア理解のツール(専用ハードウェア,ソフトウェアライブラリー,データベースなど)
ディペンダブル
コンピューティング
(DC)
◎ディペンダブルコンピューティング(ディペンダブルシステム,ディペンダブルコンピューティングシステム,ディペンダブルコンピュータ, ディペンダブルネットワーク,ディペンダブルソフトウェア,ディペンダブルハードウェアなど)  ◎フォールトトレラントシステム(並列/分散/協調システム,オペレーティングシステム,データベースシステム,リアルタイムシステム, アシュアランスシステム,計算機ネットワーク,システム設計方法論/ツールなど) ◎フォールトトレラントソフトウェア(プログラミング,データ構造, プロセス間通信と同期,トランザクション処理,例外処理,システム再構成,誤り回復など) ◎フォールトトレラントハードウェア(故障予防,故障マスク, 故障検出・診断・再構成,機能回復,フェールセーフ,誤り検出/訂正符号,欠陥回避設計,VLSI関連など) ◎設計・検証・テスト(テスト生成,テスト容易化設計, テストシンセシス,自己テスト,故障診断,故障検証,プログラム検証/テスト,プロトコル検証/テスト,論理/故障シミュレーションなど)  ○信頼性・安全性・セキュリティ・保守と診断・性能評価(システムの信頼性,システムの安全性,遠隔診断,解析モデル,シミュレーション, 計測・評価方法,性能評価ツールなど) ○フォールトトレランス応用技術(プロセス制御,ロボティクス,ニューラルネットワーク,ファジィシステム, ファクトリオートメーション,オフィスオートメーション,電子式料金システム,医用システムなど)
*3
ニューロ
コンピューティング
(NC)
◎脳・生体の計測・分析・定式化・モデリングと工学的構成(視覚聴覚を含む感覚・知覚系,運動・制御系,学習・記憶系,思考を含む高次脳機能)  ◎ニューラルネットワークのモデル・計算論 ◎計算論的神経科学 ◎認知科学の計算論的・脳科学的基盤研究 ◎学習理論 ◎確率的情報処理  ○記憶 ○学習 ○自己組織化 ○パターン認識 ○特徴抽出 ○高次情報処理 ○遺伝的アルゴリズム ○ソフトコンピューティング ○人工生命  ○複雑系ネットワーク ○ニューロインフォマティックス ○ニューラルネットワークのハードウェア化  ○ニューラルネットワークの応用 ○ブレイン-マシンインタフェース
知能ソフトウェア工学
(KBSE)
エンタプライズモデリング,オブジェクト指向ソフトウェア工学,オントロジー,形式仕様, ソフトウェアアーキテクチャ,ソフトウェア開発の知的支援,ソフトウェア開発プロセス,ソフトウェア工学教育, 知識の表現・獲得・管理・利用,知的エージェント,知的CAI,知的ヒューマンインタフェース,ドメイン分析・モデリング,ビジネスモデリング, プログラム知識,プログラムの意味と理解,分散協調ソフトウェア開発, モデル駆動工学,要求工学,ドメイン特化言語,ビジネスプロセス/ルール管理,自己適応システム,SOA(Service Oriented Architecture),知的議論支援システム,コミュニケーション支援システム, ビジネスプロセス,ビジネスルール,ドメイン特化言語/ドメイン特化モデリング,テスティング,ソフトウェア・メトリクス,IoT(Internet of Things),M2M(Machine to Machine),CPS(Cyber Physical System),非機能仕様,アプリケーション・アーキテクチャ,HCSE(Human-Centered Software Engineering)
*1
音声
(SP)
◎音声処理の基礎理論 ◎音声信号処理 ◎音声の生成過程 ◎音声の知覚過程 ◎音声分析 ◎音声符号化 ◎音声合成・韻律・声質 ◎感情音声  ◎歌声 ◎音声認識・理解・対話 ◎話者識別・照合 ◎音声の品質の測定・評価 ◎音声福祉応用 ◎音声・聴覚・言語障害の補助 ◎音声言語処理  ◎音声の強調・復元・分離 ◎音声の検索・要約 ◎言語識別 ◎言語/外国語の音声教育 ◎音声コミュニケーションデバイス  ◎音声コミュニケーションシステム ◎音声データベース ○マルチモーダルインタフェース  ○バイモーダル音声処理(リップリーディング,リップシンク)
教育工学
(ET)
○教育工学基礎(認知科学,知識工学,人間工学,行動科学,個別教育,グループ・協調学習,指導・学習モデル)  ○教育支援システム(eラーニング,ILE,ITS,CAI,マルチメディア利用,ネットワーク利用,衛星利用,遠隔教育,学習環境,ヒューマンインタフェース,プレゼンテーション)  ○教育設計・計画(教材構造分析,カリキュラム開発,テストシステム,データ解析) ○分野別教育(工学教育,情報処理教育,情報教育,研究者育成,人材育成,感性教育)  ○対象別教育(大学・高専教育,初等中等教育,企業内教育,特別支援教育,障害者教育,看護教育,福祉教育,リフレッシュ教育,生涯教育)
医用画像
(MI)
医用画像に関連するイメージサイエンス,画像情報理論,像形成理論 人体・その他の生体の画像の生成理論と実現技術(CT(X線,光,その他), MRI,超音波,PET,RI,機能画像化,組成画像化,医用動画像など) 画像化のための生体信号検出・計測・処理技術 医用画像の表示(人体可視化)技術, 画像診断・治療におけるインタフェース技術,仮想現実(VR)・複合現実の技術と医用応用 医用画像の認識・理解と応用 医用画像の圧縮,蓄積・検索(医用画像データベース), 伝送の理論と諸技術 コンピュータ支援診断(CAD),コンピュータ外科,手術支援(術前,術中支援),治療計画,仮想化内視鏡システム,ナビゲーション診断  医用画像システム(PACS,遠隔診断(テレラジオロジー,テレパソロジーなど), RIS,HIS,3D解剖図と教育など),医用画像と身体論
ソフトウェア
インタプライズモデリング
(SWIM)
[インタプライズモデル形成技術] ビジネスITアラインメント型インタプライズ (ネットワーク価値連鎖系) のモデル形成技術
◎ ビジネス構想技術 (ビジネスのゴールや戦略,さらにビジネスモデル (BM) 即ち収益方式大筋等の方針は与件とする)
 ○ ビジネス要件 (BReq) 定義 ○ ビジネスオントロジ (BO) 定義 ○ ビジネスモデル概要 (BMG) 分析 (含むシミュレーション確認) ○ ビジネスルール概要 (BRG) 分析 ○ ビジネスプロセス概要 (BPG) 分析 ○ エンタプライズアーキテクチャ (EA) 視点レビュー
◎ インタプライズ情報システム設計技術 (含む目的毎記述言語・変換)
 ○ ビジネスアーキテクチャ (BA) 設計技術 (BO, BRG, BMG, BPG関係付け及び詳細化) ○ データアーキテクチャ (DA) 構成技術 ○ ビジネスITアラインメント確認
◎ インタプライズ情報システム実動化 (Deploy) 基盤技術
 ○ BA, DA, アプリケーションアーキテクチャの実動化 ○ サービス連携実動化
◎ 確認・評価・検証技術 <ソフト品質管理の意味のみ>
 ○ 各工程対応: Viability <具現可能性> & Validity <有効性> 確認,Validation <要求合致性> 評価 ○ 工程横断対応: V型 <単純プロセス> / W型 <複合プロセス> Verification <合目的性妥当性正当性等> (検証)
◎ インタプライズ運用技術
 ○ 変更管理 (内的外的要因) ○ モデル模擬試行 (ゲーム方式,シミュレーション,SSMディベートほか) ○ Alert, What-If機能 <BIやDash-Boardの経営学支援機能の例で異常時警告発信や条件変動シミュレーション> ○ Value-Line Asset再利用 <BMの系列管理手法の例でソフトウエア再利用技術の応用> ○ 意思決定促進 ○ Empirical比較研究 (組織形態別開発手法別システム進化 / 成熟度)
[情報システム一般]  ○ 社会ソリューション ○ ビッグデータ活用システム ○CPS (Cyber Physical System) ○ 品質管理 ○ 開発バラダイム ○ プロジェクト管理 ○ 知識工学アプローチ ○ 研究開発とITの整合
[IT基盤]
 ○ Web利用基盤 ○ IoT ○ IoE ○ SOA ○ XaaS ○ クラウドコンピューティング
リコンフィギャラブル
システム
(RECONF)
リコンフィギャラブルシステム関連技術(リコンフィギャラブルアーキテクチャ,リコンフィギャラブルシステム用デバイス,リコンフィギャラブルシステム用アルゴリズム, システム設計言語,システム記述言語,開発環境,API,コンパイル技術,並列リコンフィギャラブルマシン, リコンフィギャラブルコネクション技術,アプリケーション,ソフトウェア無線)新しいアーキテクチャ (コンフィギャブルプロセッサ,動的リコンフィギャラブルプロセッサ,動的適応型アーキテクチャ,仮想ハードウェア,進化するハードウェア) FPGA/PLD関連技術(FPGA/PLDのデバイスアーキテクチャ,FPGA/PLDの回路設計技術,FPGA/PLDのCAD/DA技術,FPGAの省電力設計,FPGA/プロセッサ協調処理技術, エミュレーション技術とラピッドプロトタイピング,FPGA/PLDを用いた各種アプリケーション)
情報通信
システムセキュリティ
(ICSS)
{ネットワーク,アドホックネットワーク,P2P,センサネットワーク,RFID,無線LAN,モバイルネットワーク,ホームネットワーク,クラウドネットワーク,スマートグリッド} に関するセキュリティ技術,アクセス制御,コンテンツセキュリティ,DRM,CDN,プライバシー保護,電子商取引,公開鍵認証基盤,セキュリティ・アーキテクチャ, セキュリティ・プロトコル,セキュリティ実装技術,セキュアOS,セキュリティ評価
情報論的学習理論と
機械学習
(IBISML)
学習理論基礎,機械学習,統計数理,データマイニング,パターン認識・識別学習理論,統計的自然言語処理,統計的信号処理, 機械学習応用(バイオインフォマティクス,マーケティング,ロボティクス,セキュリティ,金融工学,生命科学,ネットワーク解析, システム解析,ソーシャルネットワーク,Web解析などにおける学習)
マルチメディア 情報
ハイディング・
エンリッチメント
(EMM)
◎コンテンツセキュリティ(メディアセキュリティ,著作権管理,真正性保証,フォレンジクス,プライバシー保護, コンテンツデリバリネットワーク,アクセス制御,秘匿通信,匿名通信,秘密分散,難読化,電子透かし,ディジタル指紋, ステガノグラフィ,ステガナリシス) ◎コンテンツ統合(異種メディア融合,異種メディア横断検索,マルチメディアアーカイブシステム)  ◎コンテンツ設計(臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメント) ○コンテンツ処理(メディア修復,マルチメディア・アノテーション,マルチメディア自動要約)  ○コンテンツ評価(画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム)

クラウドネットワーク
ロボット
(CNR)

〔異種ロボット間協調・連携の研究〕異種ネットワーク連携,ロボットサービス連携,遠隔操作,ロボット安全管理,標準化など
〔ヒューマン・ロボット・インタラクションの研究〕ユーザ行動・状況情報,ロボット・コミュニケーション,高度情報対話,標準化など
〔ネットワークロボットのためのクラウド型データ連携の研究〕クラウドサービス対応セキュリティ,個人情報利活用,空間台帳,ユーザ台帳, データマイニング,ネットワークロボットによるデータ活用,パーソナルファブリケーション,バザール型ロボット開発,EVクラウド, フィールドロボティクス,サイバーフィジカルメディア,スマートシティ,標準化など

サービス
コンピューティング
(SC)

○サービスコンピューティング(スマートサービス,CPS,Web-API,APIエコノミー,マイクロサービス,SOA,SLA,BPM,サービス連携,サービス最適化,自律化サービス,自律化・援用サービス,クラウドソーシング,ビジネスモデル・経済モデル)
○クラウドコンピューティング(SaaS・PaaS・IaaS,サービス配備・運用・管理,コンテナ,ハイブリットクラウド,クラウドネイティブ,クラウドファースト開発方法論)
○ビッグデータ(大規模データ基盤,大規模データ分析サービス,ディープラーニングサービス,大規模分散マイニング,オントロジー,リンクト・データ,オープン・データ)
○IoT(IoTアーキテクチャ,IoTプラットフォーム,スマートデバイス・スマート家電,エッジコンピューティング,フォグコンピューティング)

研究会名
取 扱 う 主 要 研 究 分 野 (ヒューマンコミュニケーショングループ)
ヒューマン
コミュニケーション基礎
(HCS)
○コミュニケーション科学 ○ヒューマン・メディア論 ○情報意味理解科学 ○あいまい情報処理論 ○ヒューマンモデル構築  ○ヒューマンエラー ○対話モデル構築 ○創造・思考支援環境 ○協調作業支援環境 ○非言語コミュニケーション ○心理学・行動科学・社会心理・組織論 ○顔・表情の認知・理解・モデリング ○顔・表情の情報処理  ○感性情報処理論 ○マルチモーダルコミュニケーション論 ○ロボットコミュニケーション論 ○障がい者コミュニケーション ○ライフステージのコミュニケーション
ヒューマン情報処理
(HIP)
○感覚・知覚情報処理(視聴覚情報処理,ヒューマンビジョンシステムとモデル,視聴共感,マルチモーダル情報処理)  ○感性と認知(感性情報処理,感情表出と認知,実・仮想空間の知覚と認知,画像と音響の評価技術)  ○生体信号処理(ヒューマン機能の計測と解析,生体信号処理と解析,生体運動の理解と生成)  ○ヒューマンインタフェース(ヒューマンインタフェース技術, 人間・機械インタラクション,マルチモーダルインタフェース,コミュニケーション支援)
メディア
エクスペリエンス・
バーチャル環境基礎
(MVE)
(名称変更)
◎ユーザエクスペリエンス ◎メディア処理・表現 ◎インタラクティブメディア ◎ヒューマンインタフェース ◎バーチャルリアリティ ◎拡張現実感 ◎複合現実感 ◎インタラクションデザイン ◎人間拡張 ◎Augmented Human ◎マルチメディア ○超臨場感コミュニケーション ○パーソナルファブリケーション ○コミュニケーションインタフェース ○ソーシャルメディア ○サービス工学
福祉情報工学
(WIT)
視覚障害者支援(点字翻訳,音声合成,スクリーンリーダ,文字認識,画像認識,画面拡大システム,触覚ディスプレイ,白杖,歩行訓練,歩行誘導システム)  聴覚・言語障害者支援(手話認識,手話合成,音声認識,自動要約,発話訓練,字幕,遠隔コミュニケーションシステム,補聴器,構音障害,コミュニケーションエイド)  盲聾者支援(指点字,点字翻訳,触覚ディスプレイ) 肢体不自由支援(電動車いす,コミュニケーションエイド,機器操作インタフェース,運動障害性構音障害)  知的障害者支援(学習補助,認知訓練,認知支援) 高齢者支援(高齢者感覚特性,高齢者用インタフェース,補聴器,モニタリングシステム)  情報保障関連(自動筆記システム,点字資料自動作成システム,Webアクセシビリティ) 福祉情報機器(機器設計,福祉機器の情報工学的検証, ユニバーサルデザイン,福祉ロボット,自立移動支援) 福祉情報工学基礎(情報工学を福祉に用いるための基礎的検討など)  福祉情報工学一般(日常生活動作(ADL)支援,QOL向上支援,感覚代行, コミュニケーション,評価技法,福祉研究倫理,その他)

*1 日本音響学会  *2 日本生体医工学会  *3 日本神経回路学会とそれぞれ共催

<PAGE4/4>

p1  p2  p3




| TOP |

(C) Copyright IEICE.All rights reserved.