Top page > イベント > 研究会開催案内 > 技術研究報告の入手・閲覧・複写

技術研究報告(冊子体)の入手・閲覧・複写
技術研究報告(冊子体)の入手

技術研究報告(第一種研究会資料)の年間予約と当日分、バックナンバーの入手については下記をご覧ください。

年間予約(冊子体)
 

基礎・境界ソサイエティ、NOLTAソサイエティ、エレクトロニクスソサイエティ、ヒューマンコミュニケーショングループに属する研究会の技術研究報告は年間でのご予約を承っております。

技術研究報告予約

   
当日分(冊子体)
 

 2018年4月からの技報電子化に伴い、通信ソサイエティ、エレクトロニクスソサイエティ(一部研究会では4月、5月に冊子体発行があります)、情報・システムソサイエティとヒューマンコミュニケーショングループの一部(HCS,MVE)の研究会は当日資料(冊子体)の販売はありません。また、電子化トライアルを開始する予定の基礎・境界ソサイエティ、NOLTAソサイエティの一部の研究会でも当日資料(冊子体)の販売をしません(予定)。その場合、当日冊子体を販売しない代わりに、聴講参加費をお支払い頂き、電子版(PDF)をダウンロードして頂きます。詳細は各研究会の開催プログラムの「参加費について」をご参照下さい。

技報電子化をしない研究会は、研究会当日、会場で資料(冊子体)入手が可能です。受付にお申し出下さい(発表者は1冊贈呈いたしますので受付でお申し出下さい)。資料代はその当日の技術研究報告の総ページ数、研究会の種類、会員(名誉員・正員・学生員)/非会員によって資料代の設定が異なっており、研究会開催日の1〜2週間前に決定します。現金のみの取扱いで領収書も発行致します。

研究会資料(技術研究報告)当日資料代一覧

   
バックナンバー(冊子体)
 

バックナンバーにつきましては、在庫のあるものについて原則3000円/冊(当日資料代が3000円より高い場合は非会員価格の資料代と同じ値段)でお分けします。在庫の確認は研究会開催日の翌月中旬以降です。ただし過去1年分のみとなりますので、それ以前のバックナンバー購入はできません。

大会・研究会部研究会課に電子メール(ken@ieice.org)またはFAX(03-3433-6659)でお申込下さい。

技術研究報告の閲覧・複写

国立国会図書館での閲覧・複写をお勧めします。
詳細は http://www.ndl.go.jp/jp/service/copy.html をご覧下さい。
なお、学会事務局での閲覧を希望される場合は、資料の取り寄せ等が必要になりますので、事前にご連絡 (ken@ieice.org) 下さい。

ページTOPへ