Top page > ISSについて > 各章受賞者/フェロー/シニア会員 > 電子情報通信学会フェロー(平成15年)

電子情報通信学会フェロー(平成15年)

阿曽 弘具

文字認識の高速化・高精度化及び並列処理理論の発展への貢献

足立 暁生

理論計算機科学の研究、教育と啓発活動

伊藤 秀男

フォールトトレラントシステム技術の発展への貢献

石井 健一郎

パターン認識とコミュニケーション科学の研究・教育に対する貢献

尾関 和彦

言語情報処理並びに音声の雑音除去に関する研究への貢献

粕谷 英樹

音声分析・合成・評価及び音声言語障害医療に関する研究への貢献

金出 武雄

計算機視覚並びにロボット工学に関する先駆的研究

金子 豊久

画像処理、コンピュータグラフィックス、仮想現実感の研究及び教育への貢献

桑原 尚夫

音声知覚、音声個人性、声質変換の研究及び音声データベースの構築

後藤 宗弘

符号理論によるコンピュータの演算処理方式の高信頼化への貢献

坂井 邦夫

文字認識技術及びOCRシステムの開発・発展に貢献

田村 秀行

画像処理ソフトウェア及び複合現実感に関する先駆的研究

谷口 健一

形式言語理論並びに代数的仕様記述法に関する研究

富田 悦次

オートマトン・言語理論・学習理論と組合せ最適化の研究及び教育

中嶋 正之

画像・映像処理の研究・教育に対する貢献

新美 康永

音声理解と音声対話に関する研究発展への貢献

藤澤 浩道

文書イメージ認識と文書情報検索に関する研究

牧之内 顕文

データベースシステムとその応用に関する研究開発への貢献

宮原 誠

系統的画像符号化の確立と、次世代高品位画像の研究開発への貢献

村上 仁己

標準テレビ及び高精細テレビ高能率符号化技術の発展に対する貢献

山崎 晴明

知識情報処理、特に機械学習の方式研究に関する貢献

結城 皖曠

新ファクシミリ通信方式の研究開発・実用化とファクシミリ国際標準化への貢献

吉沢 修治

生体情報科学における非線形情報処理研究及び教育への貢献

ページTOPへ