Japanese / English

 活動主旨

通信方式研究会では,無線・有線通信における通信方式に関する研究テーマについて幅広く議論しています.特に,近年は,ベストエフォートネットワーク間における遅延保証とセキュリティ確保を目指したNGN(Next Generation Network)や有線と無線通信の橋渡しを担うFMC(Fixed Mobile Convergence)に関する技術情報と各種標準化動向に関する話題を扱うことに注力しています.

 取り扱う主要研究分野

通信方式研究会は,通信方式研究専門委員会によって運営されています.
当研究会では主に次の研究分野を扱っています.

主要研究分野 トピックス
◎伝送方式 ブロードバンドアクセス方式,パケット伝送方式,電力線通信方式,光伝送方式,超高速伝送方式,多重化方式,同期方式
◎変復調・符号化方式と信号処理 変復調方式,誤り検出・訂正符号,符号化方式,ディジタル信号処理,信号処理プロセッサ,ネットワークコーディング
◎ネットワークアーキテクチャ アクセスネットワーク,広域Ethernet,光通信ネットワーク,ホームネットワーク,次世代・新世代ネットワーク,ネットワークセキュリティ,ネットワークサバイバビリティ,SDN(Software Defined Network)
◎無線ネットワークと応用 無線MAN/LAN/PAN/BAN,センサーネットワーク,アドホックネットワーク,コグニティブ無線,光無線融合
◎ネットワークのサービスと活用 ブロードバンドサービス,映像配信・通信,サービス用端末,医療応用,教育応用,経路・トラヒック制御,エネルギー応用,交通応用

 離島シリーズについて

通信方式研究会では,2006年度より,年1回,離島での開催を行っています.

2006年度 与那国島 沖縄県 日本最西端,電子情報通信学会初 (※1)
与那国診療所と北海道の旭川医科大学を結ぶ初の遠隔医療実験を実施し
沖縄タイムスにて新聞報道されました
2007年度 奄美大島 鹿児島県 奄美テレビ放送様へのテクニカルビジットも開催し
離島における通信事情についてご説明をいただきました
2008年度 西表島 沖縄県 電子情報通信学会初 (※1)
2009年度 福江島 長崎県 電子情報通信学会初 (※1)
2010年度 与論島 鹿児島県 電子情報通信学会初 (※1)
2011年度 久米島 沖縄県 電子情報通信学会 2回目? (※1)
2012年度 沖永良島 鹿児島県 過去にICM研究会などが開催 
2013年度 与那国島 沖縄県 日本最西端で再び開催
2014年度 種子島 鹿児島  
2015年度 久米島 沖縄県  
2016年度 宮古島 沖縄県  
2017年度 福江島 長崎県  
2018年度 未定 未定  
※1 過去20年間程度の開催記録を調べました.


 トップ & 開催スケジュール / 取り扱う分野 / 表彰 / 参加・発表申込み方法 / 写真集 / 専門委員 / DB / リンク

ご意見,ご要望のある方は,CS研究会ホームページ管理者にご連絡ください.迷惑メール対策により,ホームページ記載のメールアドレスの一部を全角文字または画像としております.あらかじめご了承ください.

IEICE logo  IEICEホームページ CSWS logo  情報伝送と信号処理
ワークショップ