Japanese / English

 通信方式研究会表彰について

通信方式研究会では優秀な研究発表に対して「通信方式研究会委員長賞」と「通信方式研究会奨励賞」の表彰をしています.
委員長賞 目的と概要 通信方式研究会委員長賞は,通信方式分野の研究活動を活性化させるため,通信方式研究会で発表された論文の中で,特に優秀な論文を表彰するものである.
対象論文 通信方式研究専門委員会で受け付け,通信方式研究会で発表された論文であること.招待講演・特別講演は対象としない.

奨励賞 目的と概要 通信方式研究会奨励賞は,通信方式分野における若手研究者の研究奨励と研究意欲向上のため,通信方式研究会において優れた論文を発表した発表者を表彰するものである.
対象論文 通信方式研究専門委員会で受け付けた論文を通信方式研究会で発表したものであり,発表時に三十三歳未満であること.

こちらの表彰規定に基づいて表彰を行っています.
「通信方式研究会 表彰規定」(2008年11月6日 通信方式研究専門委員会制定、2010年6月10日/2012年4月26日/2014年11月6日/2015年11月12日 一部改正)

 平成27年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2015-45
フルカラーLEDを用いた可視光通信による多重通信特性の検討
大柴小枝子・角 夏乃(京都工繊大)
Visible Light Multiplex Communication using RGB Multi-Color LED
Saeko Oshiba, Natsuno Kado (KIT)

CS2015-73
ネットワークアシスト型GPS時刻同期方式による時刻同期精度の改善
西 啓介・大津茂雄・吉田誠史・廣瀬貴史(NTT)
Improvement of the time synchronization precision by the network-assisted GPS time synchronization systems
Keisuke Nishi, Shigeo Otsu, Seiji Yoshida, Takashi Hirose (NTT)

CS2015-97
OFDM信号用ピークキャンセラのピーク検出閾値選択に関する検討
景山知哉・牟田 修(九大)・Haris Gacanin(Nokia Belgium)
A Study on Selection of Peak Detection Threshold of Peak Cancellation for OFDM Signals
Tomoya Kageyama, Osamu Muta (Kyushu Univ.), Haris Gacanin (Nokia Belgium)

通信方式研究会奨励賞
CS2015-22
Frame Preemption方式を用いた低遅延イーサネットスイッチの試作評価
井上礼子(三菱電機)
A Prototype Evaluation of Low Latency Ethernet Switch with Frame Preemption
Ayako Inoue, Hiroshi Bessho, Yoshifumi Hotta, Ryusuke Kawate (Mitsubishi Electric)

CS2015-28
準同型暗号を用いた生体認証において生体情報の部分比較を行うことによりなりすまし成功確率を低減させる方式
松永 匠(慶大)
Privacy-preserving Biometric Authentication with Homomorphic Encryption by Comparing Partial Bio-information
Takumi Matsunaga, Kentaroh Toyoda, Iwao Sasase (Keio Univ.)
CS2015-75
モバイルフロントホール網の最適設計に関する一検討
阿形直起(KDDI研)
A Study on Optimal Design for Mobile Fronthaul Network
Naoki Agata, Naoya Nishi, Akira Agata, Shinobu Nanba, Kosuke Nishimura (KDDI R&D Labs.)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載しております.

2016年7月7日,7月研究会の研究会会場,及び,懇親会会場にて,表彰式が行われました. (やむを得ず,一部,ご欠席の方も居られます.)


 平成26年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2014-18
PONを適用した将来モバイルフロントホールの光伝送容量に関する一検討
宮本健司・桑野 茂・寺田 純・木村秀明(NTT)
A Study on Optical Transmission Bandwidth for Future Mobile Fronthaul Based on PON System
Kenji Miyamoto, Shigeru Kuwano, Jun Terada, Hideaki Kimura (NTT)

CS2014-99
適応ピークキャンセラを用いたMIMO-OFDM信号のピーク電力低減に関する検討(3)
景山知哉・大木雄介・牟田 修(九大)・Haris Gacanin(ALU)・古川 浩(九大)
A Study on PAPR Reduction Based on Adaptive Peak Amplitude Cancellation for MIMO-OFDM Signals, Part III
Tomoya Kageyama, Yusuke Ohki, Osamu Muta (Kyushu Univ.), Haris Gacanin (ALU), Hiroshi Furukawa (Kyushu Univ.)

通信方式研究会奨励賞
CS2014-10
Information Centric Networkingにおけるキャッシュ方式の比較
嶋村孔明(慶大)
Comparison of Cooperative Caching Methods in Information Centric Networking
Komei Shimamura, Kunitake Kaneko, Fumio Teraoka (Keio Univ.)

CS2014-59
レートレス符号化を用いた安全かつ高速なUHF RFID紛失物検知システム
豊田健太郎(慶大)
Secure and Fast UHF RFID Missing Tags Detection with Rateless Coding
Kentaroh Toyoda, Iwao Sasase (Keio Univ.)

CS2014-92
帯域外輻射電力抑圧のためのN-continuous Symbol Padding OFDMの性能評価
川崎 耀(阪府大)
Performance Evaluation of N-continuous Symbol Padding OFDM
Hikaru Kawasaki, Masaya Ohta, Katsumi Yamashita (Osaka Pref. Univ.)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載させて頂いております.

2015年7月2日,7月研究会の懇親会会場にて,表彰式が行われました. (急なご連絡のため,やむを得ず,一部ご欠席の方も居られます.)


 平成25年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2013-26
イベント駆動型インピーダンス整合機能を適用した短パルスCANの検討
高橋朋宏・梅原大祐・若杉耕一郎(京都工繊大)・石河伸一・坪内利康(オートネット技研)
A Study on Event-driven Impedance Matching for Short Pulse CAN
Tomohiro Takahashi, Daisuke Umehara, Koichiro Wasugi (Kyoto Inst of Tech.), Shinichi Ishiko, Toshiyasu Tsubouchi (AutoNetworks Tech.)

CS2013-96
BERを用いた光出力最適化による10G-EPONシステム省電力化手法
池田奈美子・鵜澤寛之・寺田和彦・重松智志・小泉 弘・浦野正美(NTT)
Power Reduction by Adaptively Optimizing Optical Power using Actual BER for 10G-EPON Systems
Namiko Ikeda, Hiroyuki Uzawa, Kazuhiko Terada, Satoshi Shigematsu, Hiroshi Koizumi, Masami Urano (NTT)

CS2013-138
スーパーハイビジョン信号の100ギガビットイーサネット伝送におけるクロック再生制御法の検討
川本潤一郎・中戸川 剛・小山田公之(NHK)
An Examination of A Clock Recovery and Control Method for a Super Hi-Vision Signal Transmission over 100 Gigabit Ethernet
Junichiro Kawamoto, Tsuyoshi Nakatogawa, Kimiyuki Oyamada (NHK)

通信方式研究会奨励賞
CS2013-25
マルチホップ無線メッシュネットワーク環境における高効率データ配信方法
飯島昌平(三菱電機)
The Efficient Transmission Method in Multi-hop Wireless Mesh Network
Shohei Iijima, Otsuka Yoshihiro, Otsuka Akira, Sogabe Yasushi (Mitsubishi Electric)

CS2013-44
機器連携技術によるNWリソースの最適化の研究 〜 アクセス/ホームNWにおける宅内通信機器の省電力化 〜
野村紘子(NTT)
Optimization of network resources by integrated network device technique -- Power savings from in-home network devices in optical access and home networks --
Hiroko Nomura, Toshihito Fujiwara, Hirotaka Ujikawa, Masashi Tadokoro, Ken-Ichi Suzuki, Naoto Yoshimoto (NTT)

CS2013-59
クラスタツリー無線センサネットワークにおける低遅延化のための適応的アクティブ制御方式
甲斐成美(千葉大)
Adaptive Active Control for Low Latency in Cluster-Tree Wireless Sensor Networks
Narumi Kai, Shiro Sakata, Nobuyoshi Komuro (Chiba Univ.)

CS2013-139
過熱水蒸気の温度・湿度センシングのための保水制御 〜 局部静電容量による湿潤状態検出に基づく制御と安定化 〜
宮脇 望(阪市大)
Water Retention Control for Temperature and Humidity Sensing at High Temperature -- A Study on Stable Control Based on Moisture Detection by Partial Electric Capacitance --
Nozomi Miyawaki, Akihiro Morikawa, Tetsuo Tsujioka, Kohei Miura, Taiki Matsumoto, Hiroyuki Iyota (Osaka City Univ.), Michiaki Tanaka, Haruo Kitamura (Miyagawa Kasei)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載させて頂いております.

2014年7月3日,7月研究会の懇親会会場にて,表彰式が行われました. (急なご連絡のため,やむを得ず,一部ご欠席の方も居られます.)


 平成24年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2012-74
Network Coder Placement for Peer-to-Peer Content Distribution
Dinh Nguyen・Hidenori Nakazato(Waseda Univ.)

CS2012-100
波長可変型WDM/TDM-PONを用いた広域フォトニックアグリゲーション技術による省電力効果の検討
妹尾由美子・金子慎・吉田智暁・木村俊二・吉本直人(NTT)
Energy efficient wide-area photonic aggregation using λ-tunable WDM/TDM-PON
Yumiko Senoo, Shin Kaneko, Tomoaki Yoshida, Shunji Kimura, Naoto Yoshimoto (NTT)

CS2012-106
UWBインパルス無線方式を用いた光ファイバ無線融合通信システム
三浦浩志・小原友里・大柴小枝子(京都工繊大)
Impulse Radio Signal for UWB over Combined Fiber and Wireless Link
Hiroshi Miura, Yuri Ohara, Saeko Oshiba (Kyouto Inst. of Tech.)

通信方式研究会奨励賞
CS2012-5
長距離広帯域ネットワークにおけるフロー間帯域公平性を考慮したトラフィック制御方式
長谷川裕也(阪大)
A Bandwidth Control Method with Fairness of High-speed Protocol Flows in Long-distance Broadband Networks
Yuya Hasegawa, Ken-ichi Baba, Shinji Shimojo (Osaka Univ.)

CS2012-47
kHz帯PLCへの適用を目的としたN-PE伝送方式の提案
吉澤幸晃(愛媛大)
A Proposal of N-PE Transmission System for Narrow-Band PLC
Yukiaki Yoshizawa, Hiroyuki Utsunomiya, IntanSari Areni, Shinji Tsuzuki, Yoshio Yamada (Ehime Univ.)

CS2012-62
レイヤ2リングNWにおけるN rate N+1 color markingによる帯域公平化
中山悠(NTT)
Fairness with N rate N+1 color marking on layer-2 ring network
Yu Nakayama, Noriyuki Oota (NTT)

CS2012-77
MIMO伝送を利用したCollision detection 〜 ショートプリアンブルを用いた干渉検出方法の提案 〜
堅岡良知(新潟大)
Collision detection utilizing MIMO transmission -- Proposal of interference detection method using short preamble signals --
Ryochi Kataoka (Niigata Univ.)
Kentaro Nishimori, Ryochi Kataoka (Niigata Univ.), Takefumi Hiraguri (NIT), Hideo Makino (Niigata Univ.)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載させて頂いております.

2013年7月4日,7月研究会の懇親会会場にて,表彰式が行われました. (急なご連絡のため,やむを得ず,一部ご欠席の方も居られます.)


 平成23年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2011-82
周波数および時刻同期機能を実装した10G-EPONシステムの試作評価
田代隆義・吉田誠史・深田陽一・坂本 健・梶山義夫・吉本直人(NTT)
Performance Evaluation of 10G-EPON Prototype System with Frequency and Time Synchronization Functions
Takayoshi Tashiro, Seiji Yoshida, Youichi Fukada, Takeshi Sakamoto, Yoshio Kajiyama, Naoto Yoshimoto (NTT)

CS2011-45
先着ポート学習方式の検討 〜 低遅延ループフリールーチング 〜
宮崎啓二・西村和人・田中 淳(富士通研)・小田部 繁(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
A Study on First-Come First-Served Routing -- Low Latency and Loop-Free Routing --
Keiji Miyazaki, Kazuto Nishimura, Jun Tanaka (Fujitsu Lab.), Shigeru Kotabe (Fujitsu Kyusyu Network)

通信方式研究会奨励賞
CS2011-7
Mobile IPv6においてDoS攻撃を考慮した効率的なIPアドレス保持証明
豊田健太郎(慶大)
Efficient solution to decrease the effect of DoS attack against IP address ownership proof in Mobile IPv6
Kentaroh Toyoda, Yuta Kamiguchi, Shinichiro Inoue, Iwao Sasase (Keio Univ.)

CS2011-90
協調通信システムであるSFBC-OFDM方式へのデータマッピングの適用と性能評価
村田善則(京都工繊大)
Performance Evaluation of Space-Frequency Block Coded OFDM Systems Based on Data Mappings
Yoshinori Murata, Koichiro Wakasugi (Kyoto Inst. of Tech.)

CS2011-92
MIMO処理技術を用いた偏波多重光伝送方式におけるフィードバック制御による偏波変動追従速度の高速化
竹島公貴(KDDI研)
Faster Polarization Tracking with Feedback Method in Polarization-Division-Multiplexed Transmission Systems with Multiple-Input Multiple-Output Processing
Koki Takeshima, Hidenori Takahashi, Itsuro Morita (KDDI Labs.), Hideaki Tanaka (Toyota ITC)

CS2011-113
A Design of Single Symbol Decodable QO-STBC with Full Diversity
依田尚賢(千葉大)
Naotoshi Yoda, Chang-Jun Ahn, Tatsuya Omori, Ken-ya Hashimoto (Chiba Univ.)

CS2011-132
パケットスイッチを有する光アクセスネットワークE-OSANにおけるONUの光バースト受信部における時間領域設計法
市川翔大(東京工科大)
Time Domain Design of ONU Burst Signal Receiver for Optical Switched Access Network E-OSAN
Shouta Ichikawa, Toshinori Tsuboi, Hiromi Ueda (Tokyo Univ. of Tech.)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載させて頂いております.

2012年7月12日,7月研究会の懇親会会場にて,表彰式が行われました. (急なご連絡のため,やむを得ず,一部ご欠席の方も居られます.)


 平成22年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2010-87
可変チップレート光直交符号の設計法に関する一検討 〜 BIBD法の階層化利用の試み 〜
辻岡哲夫・山本裕美(阪市大)
A Study on Design of Optical Orthogonal Codes with Multiple Chip Rates
-- A Trial Design Based on the BIBD Technique --
Tetsuo Tsujioka, Hiromi Yamamoto (Osaka City Univ.)

CS2010-91
1.25/10.3Gbpsデュアルレートアルゴリズムを用いた10G-EPON用バーストCDRの検討
名倉健一・末廣 雄・鈴木巨生・小崎成治(三菱電機)
1.25/10.3Gbps dual rate algorithm for 10G-EPON burst-mode CDR
Kenichi Nakura, Takeshi Suehiro, Naoki Suzuki, Seiji Kozaki (Mitsubishi Electric Corp.)

通信方式研究会奨励賞
CS2010-22
車載PLCにおけるインパルス性雑音の一考察
藪内靖弘(京大)
A Study of Impulsive Noise for In-Vehicle PLC
Yasuhiro Yabuuchi, Daisuke Umehara, Masahiro Morikura (Kyoto Univ.), Toshiya Hisada, Shinichi Ishiko (SEI), Satoshi Horihata (AutoNetTech.)

CS2010-47
OFDMベースのコグニティブ無線におけるSUによるCyclic Prefixを用いたPUの自律的検出法に関する一検討
内藤啓介(慶大)
A Study on Autonomous PU Detection Scheme by SU with Cyclic Prefix in OFDM-based Cognitive Radio
Keisuke Naito, Iwao Sasase (Keio Univ.)

CS2010-51
多地点間における音声・ビデオを用いた合唱のQoE評価
宮下裕司(名工大)
QoE Assessment in Chorus with Voice and Video among Multi-Points
Yuji Miyashita, Yutaka Ishibashi, Norishige Fukushima, Shinji Sugawara (NIT), Kostas E. Psannis (Univ. of Macedonia)

CS2010-85
鳥類モニタリングシステムにおける基地局への位置情報転送に関する検討
細野智史(新潟大)
A Study of Transmitting Position Information to a Base Station in a Bird Monitoring System
Tomofumi Hosono, Kenichi Mase (Niigata Univ.)

CS2010-115
対数尤度比・浴EpしたMIMO-OFDM-SDMにおける信号分離方式
高橋諒太(早大)
A Signal Detection Scheme using Log Likelihood Ratio in MIMO-OFDM-SDM System
Ryota Takahashi, Fumio Takahata (Waseda Univ.)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載させて頂いております.

2011年7月7日,7月研究会の懇親会会場にて,表彰式が行われました. (急なご連絡のため,やむを得ず,一部ご欠席の方も居られます.) (奨励賞の薮内様はご都合がつかず共著者の梅原先生が代理で受賞式に出席されました.)


 平成21年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2009-23
車載電源線上の雑音に対するインパルス検出の一考察
梅原大祐・守倉正博(京大)・久田俊哉・石河伸一(住友電工)・堀端啓史(オートネットワーク技研)
A Study on Impulse Detection for In-Vehicle Power Line Noise
Daisuke Umehara, Masahiro Morikura (Kyoto Univ.), Toshiya Hisada, Shinichi Ishiko (SEI), Satoshi Horihata (AutoNetworks Technologies)

CS2009-29
端末及びネットワークリソースを並列化した超広帯域通信についての検討
高橋宏和・滝澤 允・小林正啓・鎌谷 修・石田 修(NTT)
Large Bandwidth Communication by Leveraging Parallelism in End-Hosts and Networks
Hirokazu Takahashi, Makoto Takizawa, Shoukei Kobayashi, Osamu Kamatani, Osamu Ishida (NTT)

CS2009-30
10G-EPONバースト光送信、受信技術 〜 G-EPONとの共存にむけて 〜
田島章雄・芝 和宏・内方達也・水木恵美子・高橋成五・牧田紀久夫(NEC)
10G-EPON Burst Optical Transmitter and Receiver -- For Coexistence with G-EPON System --
Akio Tajima, Kazuhiro Shiba, Tatsuya Uchikata, Emiko Mizuki, Seigo Takahashi, Kikuo Makita (NEC)

通信方式研究会奨励賞
CS2009-38
10G-EPON用バースト受信機の開発と評価
栖川 淳(日立)
Development and Evaluation of Burst-mode receiver for 10G-EPON
Jun Sugawa, Daisuke Mashimo, Hiroki Ikeda, Masahito Takei, Nobuhiro Matsudaira (Hitachi)

CS2009-39
N:M負荷分散方式を適用したPONの高信頼化の検討
光井 隆(NTT)
A High Reliable PON System using N:M Load Balancing Technique
Takashi Mitsui, Takeshi Sakamoto, Jun-ichi Kani, Ken-ichi Suzuki, Naoto Yoshimoto (NTT)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載させて頂いております.

2010年7月8日,7月研究会の懇親会会場にて,表彰式が行われました. (急なご連絡のため,やむを得ず,一部ご欠席の方も居られます.)


 平成20年度通信方式研究会表彰受賞者

通信方式研究会委員長賞
CS2008-20
広帯域マルチキャリヤ信号伝送システムにおける非線形補償技術に関する一検討
村越昭彦・三木裕介・大谷昌弘・北口 進(シャープ)
A Study of Nonlinear Compensation Technique for Broad-Band Multi-Carrier System
Akihiko Murakoshi, Hirosuke Miki, Yoshihiro Ohtani, Susumu Kitaguchi (SHARP)

CS2008-91
UHF帯RFIDを用いる屋内位置推定における人体の影響を考慮したシミュレーション
小室信喜・六田智之・待井一樹(東京工科大)・白石剛大(日本システムワープ)・上田裕巳・河西宏之・坪井利憲(東京工科大)
Simulation Method for Indoor Location Estimation Using UHF Band Passive RFID with Influence of Human Body
Nobuyoshi Komuro, Tomoyuki Rokuda, Kazuki Machii (Tokyo Univ. of Tech.), Takehiro Shiraishi (Nihon System Warp Co., Ltd.), Hiromi Ueda, Hiroyuki Kasai, Toshinori Tsuboi (Tokyo Univ. of Tech.)

通信方式研究会奨励賞
CS2008-14
可変長染色体GAを用いたLDPC符号の最適化設計システムの改良
石田由香里(東邦大)
Improvement of Optimal LDPC Code Design System Using a Genetic Algorithm with Variable Length Chromosomes
Yukari Ishida, Hirotaka Nosato (Toho Univ.), Masahiro Murakawa, Isamu Kajitani, Eiichi Takahashi (AIST), Tatsumi Furuya (Toho Univ.), Tetsuya Higuchi (AIST)

CS2008-27
無線Ad-Hocネットワークを用いた地域見守りシステムの開発と評価
中西一貴(信州大)
Development and Evaluation for Regional Protection System Using a Wireless Ad-Hoc Network
Kazuki Nakanishi, Shinji Horio, Masaaki Niimura, Hisayosi Kunimune (Shinshu Univ.), Eiki Motoyama (NJRC), Yosushi Fuwa (Shinshu Univ.)

CS2009-7
長距離広帯域ネットワークにおける高速転送プロトコル間の影響を緩和するバッファ制御方式
廣瀬 仁(阪大)
A Buffer Control Method Mitigating Effects of Contention between High-Speed Transport Protocols in Long-Distance Broadband Networks
Jin Hirose, Ken-ichi Baba (Osaka Univ.)

※ 奨励賞は発表者に対する表彰のため,日本語は登壇者のみ記載させて頂いております.

2009年7月2日,7月研究会の懇親会会場にて,表彰式が行われました. (急なご連絡のため,やむを得ず,一部ご欠席の方も居られます.)


 トップ & 開催スケジュール / 取り扱う分野 / 表彰 / 参加・発表申込み方法 / 写真集 / 専門委員 / DB / リンク

ご意見,ご要望のある方は,CS研究会ホームページ管理者にご連絡ください.迷惑メール対策により,ホームページ記載のメールアドレスの一部を全角文字または画像としております.あらかじめご了承ください.

IEICE logo  IEICEホームページ CSWS logo  情報伝送と信号処理
ワークショップ