Japanese / English

 参加・発表申込み方法
【参加方法】

・発表資格:発表者は会員(正員・准員・学生員)に限ります.ただし,電気学会・照明学会・映像情報メディア学会・情報処理学会・IEEE会員の皆様は本会会員と同等の扱いとなります.また,他学会との共催の場合はこの限りではありません(OR条件となります).
・参加費:下記の説明をご覧下さい
・事前予約:不要(聴講のみ), 必要(発表者) ※締め切り日までに発表申込みを行ってください

【発表申込み方法

下のボタンをクリックしてください.新規ウィンドウで開催カレンダが表示されますので,「発表申込受付中」を選択していただいた後,必要事項をご記入の上,「登録」ボタンを押してください.

お申し込み,開催プログラム等に関するお問い合わせ先:
主副幹事
牟田 修(九州大学)
副幹事
藤原 正満(NTT)

※ 上記2名宛のエイリアスアドレスです.

ホームページ,Webフォーム障害等に関するお問い合わせ先:
太田正哉(大阪府立大学)
 

迷惑メール対策のため,メールアドレスの一部の文字を置換しております.何卒ご了承ください.

【原稿の電子投稿について】

2006年度より通信ソサイエティに所属する全研究会で電子投稿(ファイル原稿のアップロードによる原稿提出)が実施されます.詳しくはこちらをご覧ください.
原稿締切日は,併催/共催の場合は開催日の約3週間前,連催の場合は開催日の約4週間前に設定されますが,年末年始や大型連休が含まれる場合は印刷所の営業日の関係でさらに1週間程度前倒しになることがあります.正確な原稿締切日は,開催日の前々月の月末までに事務局より電子メールで送付される原稿執筆依頼にて周知されますので,そちらをご確認ください.
参考: 研究会発表・参加方法 FAQ (よくある質問集)

【参加費】

・冊子体技術研究報告(技報)の年間予約者(代表者)/掲載料を支払った著者(発表者1名のみ)/学生員は聴講無料ですが,それ以外の方は,参加費または年間登録費(年末まで有効な参加費)をお支払いください.
・詳しくは,こちらのページをご覧下さい.

【技術研究報告(予稿集)】

発表者には原稿が掲載されている技術研究報告(1冊,申し込み先研究会分)を会場でお渡ししています(無料).
・著者/年間登録者/参加費支払い者は技術研究報告のPDFファイルを開催日の1週間前から技報オンラインシステムを使ってダウンロードできます.開催プログラム画面の下部の「一括ダウンロードリンク」にお進み下さい.
・2017年度より,冊子体の年間予約者は開催日に技報をダウンロードできなくなりました.会場での冊子体の受け取りもありません(開催翌月に郵送のみの取り扱いです).当日に必要な方は,参加費または年間登録費をお支払い下さい.
・学生員はアンケート回答することで3研究会分の年間登録に相当する技報PDFファイルをダウンロードできるようになります.
共催の場合,会場で冊子体の技報を販売することがあります.価格は開催二週間前よりこちらに掲載されます

【お支払い方法】

・技術研究報告代(現地販売している開催は限られます),懇親会費は当日現金払いとなります.
 現地で領収書を発行致します.


◎参加・発表申込みの詳細については以下の学会のページをご参照ください
http://www.ieice.org/jpn/toukou/kenkyukai.html
http://www.ieice.org/jpn/ken/kenmoushikomi.html

◎ホームページ(http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/)にて,研究会の予定・プログラム・ワークショップなど様々な情報の提供を行っております. また,掲載記事の御希望,御意見などがありましたら幹事宛までお願い致します.

 トップ & 開催スケジュール / 取り扱う分野 / 表彰 / 参加・発表申込み方法 / 写真集 / 専門委員 / DB / リンク

ご意見,ご要望のある方は,CS研究会ホームページ管理者にご連絡ください.迷惑メール対策により,ホームページ記載のメールアドレスの一部を全角文字または画像としております.あらかじめご了承ください.

IEICE logo  IEICEホームページ CSWS logo  情報伝送と信号処理
ワークショップ