主要研究分野
情報通信サービスとネットワークの品質に関連して、通信工学・ 情報工学をメインに、心理学・社会学・ 経済学等にまたがる学際的な領域を対象とする。 具体的には以下の諸分野を含む。
主要研究分野 トピックス
ユーザ体感品質 QoE,主観/客観品質評価,多次元評価,サービスの個人/環境適応化,ユーザビリティ,インセンティブ/ユーザ効用,ユーザ行動
情報通信サービスの性能 音声・音響・映像メディア,力覚メディア,クロスモーダル・マルチモーダル,メディア同期,サービス記述言語,Webサービス,インタラクティブシステム,超臨場感通信
ネットワーク性能 QoS,品質測定・設計・制御・管理,トラヒック測定・制御,QoSマッピング,公平性,信頼性・安全性
QoS/QoE技術の応用 ソーシャルネットワークサービス,社会インフラでの最適資源配分,サービス品質とビジネスモデル,品質基準と標準化,耐災害性評価,仮想世界のコミュニケーション
品質技術を支える基盤 コミュニケーション心理,コミュニケーションデザイン,メディア品質と感性,品質知覚と脳情報通信,人体へのサービス安全性