アンテナ・伝搬における設計・解析手法ワークショップ

アンテナ・伝搬における設計・解析手法ワークショップ(18回)


−FD-TD法によるアンテナ解析の実際−

◆講師: 新井 宏之 氏(横浜国大)

主催:アンテナ・伝播研究専門委員会


 第17回のワークショップにて受講希望者が多かったため,ご希望に添えるよう第18回ワーク ショップを第17回と同じ内容で開催いたします。奮ってご参加下さい。


◆講義内容
 近年の計算機の発達に伴いFDTD法を用いたアンテナ解析が現実的なものとなりつつあります。FDTD法のアルゴリズム自体は単純ですが,アンテナ解析に用いるためには,モデリングをいかに行うかが重要となるとともに,実際の設計等に活用するためにもできるだけ少ない計算機資源を用いて計算がすることが不可欠です。 本ワークショップでは,FDTD法によるアンテナの解析法について,数多くの実例によりその適用法を解説します。

(1) アンテナ解析のためのFDTD法
     吸収境界,給電モデルと入力インピーダンス,放射パターン
(2) アンテナのモデリング
     誘電体を含む問題,サブセル法によるモデリング,収束加速法,有限地板の取り扱い
(3) アンテナ解析の実例
     モノポールアンテナ,パッチアンテナなど
(4) プログラミングの実例

 なお,テキストは受講者に約4週間前に配布され,予習を前提としています。


◆日時: 2000年4月28日(金) 9:30〜17:00 ◆会場: 東京工業大学 百年記念館3階 フェライト会議室 〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1 東京工業大学キャンパス内 東急「大井町線」あるいは「目蒲線」大岡山駅下車,徒歩2分 ◆受講定員: 70名 ◆受講料: テキスト代金を含み 一般/会員 13,000円,非会員 15,000円     学生/会員 4,000円,非会員 5,000円 申し込み受け付け後,事務局から受講受付番号と受講料振り込み案内をお送りしますので, それに従って受講料をお支払い下さい。 ◆申込み締切り:3月17日(金)  (先着順:満員になり次第締め切ります。) ◆受講申し込み方法:下記の受講申込書の全項目にご記入の上,emailあるいはFaxにより,           下記の受講申込先にお申し込み下さい。(郵送,電話は不可) 【受講申込先】 アンテナ・伝搬における設計・解析手法ワークショップ 第18回実行委員会 事務局 広川二郎(東京工業大学 工学部 電気電子工学科) email: workshop@antenna.pe.titech.ac.jp         Fax: 03-5734-2901 【問合先】 アンテナ・伝搬における設計・解析手法ワークショップ 第18回実行委員会 総務担当幹事 高橋應明(武蔵工業大学 工学部 電子通信工学科)     email: masa@ieee.org     Phone: 03-3703-3111    Fax: 03-5707-2181

アンテナ・伝搬における設計・解析手法ワークショップ(第18回)受講申込書
(1) コース名 FD-TD法によるアンテナ解析の実際
(2) 受講者
     氏名(フリガナ)__________________
    所属__________________________
    受講券送付先住所 〒____ _______________________
    Phone:_____________ Fax:_____________
    email:_____________    (いづれかに○) 一般/学生(D/M/B 年)  電子情報通信学会No.__________               
(3) 本コースの講義内容の中で何に興味がありますか?


(4) 参加の動機(○で囲む:複数回答可)
新分野の開拓/技術の蓄積/教養/上司からの勧め/業務の必要性/
その他( )
(5) 参加の目的


(6) 参加者の専門分野とその経験年数
アンテナ・伝搬関係( 年)/その他( :  年)
FD-TD解析( 年)  解析したアンテナの種類(                         )
(7) 参加費の出所(いづれかに○)    自己負担   それ以外

AP研ホームページへもどる
本ホームページに関するお問い合わせ先:ap@mail.ieice.or.jp