電気・情報関連学会中国支部連合大会規約
 

昭和47年 5月制定

昭和62年 5月改訂

昭和62年12月改訂

平成 元年 5月改訂

平成 3年 4月改訂

平成11年 5月改訂

平成22年12月改訂

平成29年 5月改訂

(支部連合大会の構想)

第1条

 電気学会中国支部、情報処理学会中国支部、映像情報メディア学会中国支部、電気設備学会中国支部、照明学会中国支部、および電子情報通信学会中国支部は連合して、電気・情報関連学会中国支部連合大会(以下、支部連合大会という。)を開催する。

2条 支部連合大会は、年1回、秋に開催する。

(支部連合大会委員会)

3条 支部連合大会の企画、準備および実行のため、支部連合大会委員会(以下、大会委員会という。)を設ける。

4条 大会委員会は、共催学会から選出した17名の委員をもって組織する。

  1名    任期    1

副委員長  2名 ?   任期    1

  3名    任期    1

  11名    任期    1

5条 委員長は、原則として
電気学会、情報処理学会、映像情報メディア学会、電気設備学会、照明学会、電子情報通信学会の中国支部長の順で、輪番制とする。
 副委員長は大会開催校の推薦によって決定する1名と次期開催学会の推薦によって決定

する1名とする。
     幹事は、委員長の属する学会(以下、幹事学会という。)の庶務幹事と会計幹事および開催

校の推薦により決定する。
委員には、各学会の庶務幹事(または、幹事)があたる。

(大会委員会の役割)

6条 大会委員会は、必要に応じて委員長が招集し、大会を終了し、次回開催校を定め、かつ事務および収支決算の報告を行う。事務および収支決算の報告時には、次回開催校から1名出席する。
 本委員会は、大会準備、実行の一部を大会実行委員会に委託できる。

(支部連合大会実行委員会)

7条 支部連合大会開催校に支部連合大会実行委員会(以下、実行委員会と称する。)を設けることができる。実行委員会は、大会委員会の決定を継承し、その他の企画、準備および実行の一切を掌る。ただしプログラムおよび予稿集の作成配布は、大会委員会が掌る。

8条 実行委員会に委員長1名、幹事および委員若干名をおき、委員長は開催校の大会副委員長が兼任する。実行委員会は、大会の後処理を完了した時点をもって終わる。

(連合大会の事務および経理)

9条 大会委員会および実行委員会の事務および経理は、おのおのの委員会の幹事が当たる。

(連合大会の経費)

10条 支部連合大会の経費は、別に定める割合の各学会の分担金、一般講演申込料、論文集代および広告料、寄付金をもって支弁する。

11条 大会委員長は、連合大会収支予算について、あらかじめ共催学会の承認を得ることを要する。

2.共催学会は、分担割合に応じて、連合大会に必要な運転資金を含む経費を予め支払う。

(決算と清算)

12条 大会委員長は、大会終了後2ヶ月以内に事務報告および収支決算を共催学会に提出することを要する。

2.大会委員会は、収支決算に基づき、共催学会が予め支払った分担金の清算を行う。

   これにより、本委員会は繰越金を持たない。

3.連合大会に係る総収入及び総支出を幹事学会が全額計上し、共催学会は、各学会の会計

基準に則り、分担額を計上する。

(プログラム編成委員会)

13条 別に定める手順書による。

 
このページのTOPへ戻る