NVシンポジウム

第6回 ネットワーク仮想化シンポジウム
Toward Future 5G/IoT infrastructure with network softwarization

開催日時: 2016年9月2日(金)
開催場所: 東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館 213講義室
共催
第6回ネットワーク仮想化シンポジウム運営委員会
電子情報通信学会ネットワーク仮想化時限(NV)研究会
東京大学 ソーシャルICT グローバル・クリエーティブリーダー育成プログラム(GCL)
東京大学大学院情報学環 
日本学術振興会産学協力研究委員会インタ-ネット技術第163委員会NVW分科会(ITRC)
情報通信研究機構(NICT)

開催趣旨
将来の統合ICT基盤を支えるコア技術として活用が期待されているネットワーク仮想化技術に焦点をあて、その広範な普及、および国際的な研究協力の推進を目的として、国内外研究者の交流を図るための国際シンポジウムを開催する。
今回は、ネットワーク仮想化技術の有望な活用先である5GやIoTに光を当て、さらに、ネットワークのsoftwarizationが将来の通信ネットワークにもたらすインパクトについて議論を深める。 また、将来のソーシャルICT時代を牽引する人材の在り方について議論を進めていく。

組織
運営委員長:
中尾 彰宏(東大/GCL/ITRC/NICT), TBD(ITRC), 浅見 徹(東大/GCL), 富田 二三彦(NICT)
運営委員会:
石井 大介(日立), 木下 健史(NTT), 工藤 知宏(東大), 坂井 博(NTT), 坂井田 規夫(NTT), 篠原 悠介(NEC), 島野 勝弘(NTT), 鈴木 敏明(日立), 瀧田 裕(富士通研), 中内 清秀(NICT), 中田 登志之(東大/GCL), 長谷川 輝之(KDDI研), 宮澤 高也(NICT)

プログラム委員長:島野 勝弘(NTT)
プログラム委員会:長谷川 輝之(KDDI研), 宮澤 高也(NICT), 坂井田 規夫(NTT)

●プログラム
09:00 Registration
Keynotes
09:30-0935 Greetings: Katsuhiro Shimano(NTT)
09:35-09:45 Opening speech 1: Toshiyuki Nakata (GCL)
09:45-09:55 Opening speech 2: Akihiro Nakao (The University of Tokyo/ITRC)
09:55-10:05 Opening speech 3: Fumihiko Tomita (NICT)
    (Break)
Session 1
10:15-10:55 Invited speech 1: Jim Kurose (The University of Massachusetts, Amherst)
10:55-11:35 Invited speech 2: Chip Elliott (GENI)
11:35-12:15 Invited speech 3: Glenn Ricart (US Ignite)
    (Lunch)
Session 2
13:45-14:25 Invited speech 4: Yuji Inoue (Toyota Info Technology Center)
14:25-15:05 Invited speech 5: Fabrizio Granelli (The University of Trento)
15:05-15:45 Invited speech 6: Akihiro Nakao (The University of Tokyo/GDL/ITRC/NICT)
    (Break)
Session 3
16:00-17:30 Panel:
Chair: Akihiro Nakao (The University of Tokyo/GCL/ITRC/NICT)
Panelist: Chip Elliott (GENI), Fabrizio Granelli (The University of Trento), Toshiyuki Nakata (The University of Tokyo/GCL), Katsuhiro Shimano (NTT)
17:30-17:35 Closing: Teruyuki Hasegawa(KDDI Labs)
18:00-20:00 Banquet

10:00-17:00 Exhibition:
1. AI-assisted proactive healing operation for NFV (KDDI R&D Laboratories)
2. HIMALIS: Mobile and IoT Oriented ID-based Communication Technology (NICT)
3. SDN Software Switch “Lagopus” (NTT)
4. FLARE-DPDK: Software Defined Data Plane on COTS (The University of Tokyo)

お問合せ先:
第6回ネットワーク仮想化シンポジウム運営事務局
e-mail:nv+symposium_6@mail.ieice.org

過去のシンポジウム:
第5回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第4回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第3回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第2回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第1回 ネットワーク仮想化シンポジウム